ブログ

福岡城

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで勝利に大きく貢献した黒田長政は、
筑前52万石を与えられました。
福岡藩初代藩主となった長政と、その父・黒田如水(官兵衛)によって、
福岡城は慶長6年(1601年)から約7年の歳月をかけて築かれました。
敵が攻め込みにくい複雑な石垣。その長さ(総延長)は3.4kmにもなります。
城郭は天守台、本丸、二の丸、三の丸という4層に分かれ、
10余りの門と、大小47以上の櫓が置かれていました。
城の内郭面積約41万㎡。なんと東京ドーム約9個分です☆
城下の武家屋敷まで含めると246万㎡もの広さを持つ
日本有数の広大なお城でした(*´ω`*)
別名は「舞鶴城」。海側から望むと、鶴が羽ばたく姿に似ていたそうです。
明治4年(1871年)廃藩置県以降、
城跡は県庁に使用され、その後陸軍が駐屯し、
一部を除き、大半の建物が解体や払い下げにより失われました。
しかし、福岡城は近世福岡の発展の契機として大きな役割を果たし、
現在の福岡の都市整備の礎であることは変わりありません。
福岡城址の散策や見所の確認の際には
ぜひ三の丸スクエアへお越しください(^^)

【福岡城の概要】
■別 名:舞鶴城
■城郭構造:梯郭式平山城
■築城主:黒田長政
■築年数:1601年
■廃城年:1871年
■現存遺構:櫓4・門3・石垣・堀
IMG_0385

IMG_0388

IMG_0418