ブログ

平和台野球場

舞鶴公園内、福岡城址の三の丸に位置し、鴻臚館跡として囲われている あの場所。
 IMG_0933

かつて西鉄ライオンズが本拠地としていた球場跡でもあるんです。
球場だった時の名前は、平和台野球場。
その始まりは今から60年以上遡って
1949年12月18日、プロ野球の巨人軍対阪神タイガースの試合を開催して
開場(球場開き)しました。
西鉄ライオンズが平和台球場を本拠地としたのは1952年のこと。
ライオンズのオーナー企業が西鉄から太平洋クラブ、クラウンライターと
移り変わってからも使用され続けました。
少しずつ球場の整備が進行するとともに、西鉄の成績は上昇!
西鉄は1956年から1958年まで巨人に勝って日本選手権三連覇を成し遂げました。
特に、西鉄が三連敗後の四連勝で逆転優勝した1958年の選手権は
後々までファンや関係者の語り草となっているようです♪
ところが、1978年、西武に買収された際にライオンズは埼玉へ移転。
九州から球団が一時無くなる事になりました。
1988年に南海ホークスがダイエーに譲渡され、本拠地を福岡に移転。
「福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)」の誕生です\^^/
しかし、ホークスを福岡に迎える前年、1987年の12月。
球場外野席改修工事の際の発掘調査で、鴻臚館の遺構が発見されていました。
ダイエーは球団の買収・移転当初からドーム球場の建設を計画しており、
福岡ドーム(現・ヤフオク!ドーム)が完成すると、
平成5年のシーズンから本拠地を移しました。
平和台球場がプロ野球本拠地としての役目を終えたのは1992年10月1日。
ダイエーホークス対近鉄バッファローズ戦が、この地で最後のプロ野球公式戦となりました。
そして1997年、歴史公園として整備するために、その幕を降ろしたのこと。
ご来館くださる方々の中にも、平和台球場が懐かしいと言う方が少なくありません。
球史に残る数々の名勝負が展開され、
多くの人々に愛されてきたんですね(❃´ω`❃)
明治通り添い、上之橋のすぐ横には平和台球場のモニュメントがあります。
あの日に想いを馳せながら、ぜひ探してみてください♪

IMG_0920

 

《参考文献》
福岡市史編集委員会 編「新修 福岡市史特別編 福岡城~築城から現代まで~」福岡市