ブログ

鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩ガイドツアー 4.天守台編

探訪館のブログ「3.本丸」はご覧いただけましたか?
釈迦の間の異見会・腹立てずの会等、
この地で400年前こんなことがあったのかなーなんて、想像が膨らみますね(^^)
さて、ツアーは本丸から、鉄御門(くろがねごもん)へと進みます。
IMG_1090
ここは更に上・天守台に上がるための最後の門にあたります。
IMG_0027
当時は門扉を鉄板で補強し頑丈にしつらえていたのですが、
固く閉じられ、滅多に使用することもなかったそうです。
上の建物が写っている写真も、ツアーの際にお持ちいただくタブレットに現れる画像です。
本物みたいですよね(*´ω`*)
IMG_1097
裏門として用いられたといわれる埋(うずみ)門もありますが、こちらはぜひツアーでご覧ください♪
因みに埋門とは、石垣下部をくりぬいたように造られた門をいいます。
有事の際には上にあった櫓を落としたり、門内を土砂で埋めて、
敵の侵入を防ぐ役割もあったという説もあるそうです。
隣の階段を登っていよいよ天守台へ。
IMG_1099
福岡城には大・中・小の三つの天守台がありますが、
それぞれの天守台への順路は、まるで石塀に囲まれた迷路のよう。
大天守台の高さは標高約36mで、福岡城祉の中で1番高い場所です。
福岡城の築造は1601年、この天守台の石垣工事から始まりました。

前回の探訪館から出題されたクイズ「福岡城跡で一番高い所は?」
みなさんもうおわかりですね。
IMG_1102
答えは、天守台です★

ここでは福岡市の展望もお楽しみいただけます。
もちろんタブレットをかざすと当時の姿を見ることもできますよ♪

大天守台は地下(穴蔵)構造になっており、そこに登ると中心部が凹んでいるのがわかります。
おやおや?何やら石が並んでいますね。。。
IMG_0574
タブレットをかざしてみましょう。
すると、下のような画面が現れました。
天守閣

IMG_1112
石の上に木組みが見えます。

実はこの石、江戸時代から残る礎石です。
そもそも天守台とは、ある建物をのせるための基礎となった石垣のこと。

さあ、ここでクイズです!(`・ω・´)
この礎石の上に建っていたかもしれないと言われる建物は何でしょうか?
未だに謎に包まれる
福岡城のロマンが詰まったあの建物。
その答えは探訪館のブログでご確認ください★

こちらでバーチャル時空散歩ツアーについてのリレー連載、三の丸スクエア分は最後となります。
駆け足でツアーについてご紹介させていただきましたが、
実際に現地で見て話を聞くと、全身で感じるものがあり、老若男女
皆々様が楽しめる内容となっております。
ご予約やお問合せは、福岡城むかし探訪館092-732-4801へ♪

kouyou_cat