ブログ

年末年始のお知らせ

早いもので・・今年も残すところあとわずかとなりました!
この1年、ご来館いただきありがとうございました。
さて、三の丸スクエアの年末年始の休館日は下記のとおりです。

●休館日 20161229日(木)~201713日(火)

年始は201714日(水)午前9時から開館です。
2017
年もスタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
来年もどうぞよろしくお願いいたします <(_ _)>

かも5

 


福岡城の石垣③

舞鶴公園は、黒田長政が約7年の歳月をかけて築いた福岡城の跡です。福岡城の石垣には、花崗岩・
玄武岩・礫岩を使用し、廃城とした名島城の石を再利用したり、福岡西部方面の石材も使われたそうです。

IMG_1799
二の丸東御門跡の石垣の中にある大きな石。こちらは「鏡石」と呼ばれ、藩主黒田家の権力の象徴とする
説があります。縦に長く背面が短いため、構造的には弱くなるそうですが権力を石で見せるなんて、
石垣も奥が深いですね。

さて、3回に分けて福岡城の石垣についてご紹介させていただきました。全部知っていたよ!と言う方は
福岡城祉の魅力の伝道師としてその知識を是非お友達に自慢してください♪知らなかった方は、
お近くに立ち寄られた際にでも石垣に目を向けて、400年続くロマンを感じてください♪

IMG_1782
三の丸スクエアに立ち寄られますと、壁面全体に広がる園内の航空写真地図があり、位置の確認や散策前の
ご案内としてもお役に立ちます。ご来館お待ちしております✿

最後に、テニスコートの石垣にはハートの石とペグマタイトというピンクの石があります。こちらも探してみてくださいね(^^)
ハートの石

ペグマタイトの石


「JAZZ in 福岡城~Christmas Special’16~」を開催しました

12月10日(土)の午後2時~3時に、三の丸スクエアで「JAZZ in 福岡城~Christmas Special ‘16~」を開催しました。

今回も、多くの方にご来館いただき、ありがとうございました。

今年は、QP-SAXの皆さんが、4種類のサックスによる黒田節から始められ、その後クリスマスソング・歌謡曲・アニメソングといろんなジャンルの曲を演奏され、歌あり笑いありの楽しい演奏会となりました。

jazz-1

このJAZZコンサートは、今年で5回目ですが、年々ご来館される方が増えており、皆さんが共に楽しい時間を過ごされていたようで、上手な手拍子などで会場全体がとても盛り上がっていました。

jazz-2

「三の丸スクエア」及び「福岡城むかし探訪館」では、今後とも皆さんと楽しめるイベントを開催していきたいと思っています。その節はHPなどでお知らせいたしますので、是非ご参加くださいませ!

jazz3

QP-SAXの皆さん、ありがとうございました!


JAZZ in 福岡城~Christmas Special ’16~

JAZZ IN FUKUOKAJYO2

三の丸スクエアで、福岡城跡を舞台としたジャズコンサートを今年も開催します!

今年で5回目となりますが、毎年多くの皆さんに喜んでいただいており、第1回目からこのコンサートをプロデュースして頂いております近藤タケユキさんと毎回違ったステキなメンバーでの演奏です。

今回は、サックス4本で演奏とのことで、またいつもと違ったステージになるのではないでしょうか。

楽しみですね♪

福岡城跡で、歴史と音楽に触れながらのクリスマスを楽しんでもらえたらと思います。

ご来館お待ちしております!

日 時 / 20161210() 14:0015:00 <開場:13:30>
会 場 / 福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア(旧舞鶴中学校)
出 演 / QP-SAX(キューピーサックス)
定 員 / 先着80人程度(椅子席50・立見30
申 込 / 椅子席は当日13:30から「三の丸スクエア」で整理券を配布(11枚)
入場料 / 無料
主 催 / 福岡城むかし探訪館/福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア
問合せ / 福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア TEL:092-720-7510

チラシはこちら


福岡城むかし探訪館の来館者が20万人突破いたしました!

当館の姉妹館である『福岡城むかし探訪館』は平成24年4月6日の開館以来、たくさんのお客様にご来館いただき、このたび平成28年11月19日に来館者が20万人を突破いたしました。

20万人目は「お子さまにお城を見せたかった」と来館された福岡市の宮野様ご一家でした。

IMG_2039a  IMG_2036

これまでご来館いただいた皆様に心よりお礼を申し上げます。
三の丸スクエアとともにこれからも多くの皆様のご来館をお待ち申し上げます。


福岡城の石垣②

福岡城は天守台、本丸、二の丸、三の丸の門など多くの部分が石垣で作られています。その総延長は
3Kmを超え、高さが10mを超えるところもあり、石垣が有名なお城です。石材の一部には「刻印」と
呼ばれる【卍】・【○】・【◇】などの記号が見られるものがあります。石工のサインとされて
いますが、謎なままです。しょうぶ園の近くや下之橋御門のそばでも見ることができます。

IMG_1762

IMG_1761

他にも「矢穴跡」と呼ばれる石を加工するためにくさびを打ち込み、石を割った跡があります。

IMG_1758

矢穴跡は色々な場所で見られます。ふとした時に見付けてしまうかもしれませんね(^^)

福岡城址では毎日朝10:30~12:30、ガイドさんと一緒にタブレットを持って歩く、バーチャル時空散歩
ガイドツアーを行っています。こちらに参加する際にも石垣に目を向けていただくと、より深く福岡城址を
お楽しみいただけます。ツアーの詳細はこちらからどうぞ✿


グリッピキャンペーン2016が開催されました

10/15(土)、16(日) 舞鶴公園 西広場で、「福岡市花と緑のイベント グリッピキャンペーン2016」
が開催されました。

IMG_2173 IMG_2187

       福岡城側入口、大濠公園側入口のウェルカムガーデン。

それぞれに趣向をこらした作品がきれいです。

IMG_2192

     木々も赤や黄色に色づき始めた公園内。

IMG_2181 IMG_2179-2

  草花を利用したハンドメイドを楽しんだり、ご家庭用の植物を購入されていました。

散策に少し疲れたら、ベンチや芝生の上でくつろいだりと、皆様思いおもいに緑とふれあい、
秋の午後を楽しまれていました。

 
また三の丸スクエアでは現在、今回のイベントで表彰式が行われた「第17回  花と緑のまちかど
写真コンテスト」の入賞作品を展示しています。

IMG_2171 IMG_2170

    多彩な表情を見せる、福岡の美しい緑の景色を収めた作品が並んでいます。

会期は10月31日(月)まで。
展示期間もあとわずかです。ぜひお立ち寄りご覧ください。


福岡城の石垣①

福岡城内が国の史跡となっているのは、「縄張り」と呼ばれる城郭の形が、石垣や土塁ではっきりと
鮮明に残っているからです。そして石垣とは、敵の侵入を防ぐものとして石を積み上げて壁とした
もののこと。一見同じに見える石垣ですが、大きく2種類に分けられます。

まずひとつ目に、
IMG_1796
「野面積み」
未加工の自然の石を積み上げた石垣ですで、石の形に統一性がありません。そのため、隙間や出っ張り
ができ、敵に登られやすいという欠点がありますが、排水に優れ頑丈です。技術的に初期の石積法です。

ふたつ目は
IMG_1786
「割石積(打込接)」
表面に出る石の角や面を叩き、石と石の隙間を減らして積み上げる方法です。隙間には間詰石が詰められました。福岡城で一般的な石垣です。

それに加えて石垣隅の積み方
IMG_1787
「算木積み」
長方形の石材を1段毎に方向を変えて積み上げたものです。

石垣にも色々な種類があるのですね(^^)
お散歩や城内散策の際にはぜひ石垣にも目を向けてみてください✿


オクトーバーフェスト♪

台風が去り、だんだん秋の気配がしてきました。

『三の丸スクエア』の近く、舞鶴公園西広場にある特設会場で9/16(金)~9/25(日)まで『オクトーバーフェスト』が開催中です。

食欲の秋にふさわしい多種類のドイツビールとあつあつソーセージ♪他にもドイツフードがたくさんあります♪
IMG_2070a    IMG_2072a

また、会場入り口にあります福岡城PRブースにも是非お立ち寄りください。

お越しの際には『三の丸スクエア』にもお寄りください。

IMG_2068a   IMG_2069a


第5回 福岡城彩発見フォトコンテスト 作品募集

1「古城に舞う」藤井利成

◆応募期間  ~2016年12月27日(火)
◆テーマ   城の風景、四季と歴史に彩られて
◆受 付   福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア
◆表彰式   2017年2月下旬~3月中旬
◆展示期間  2017年3月上旬~5月下旬
◆展示場所  福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア
◆応募方法  応募用紙に必要事項を記入し郵送
◆主 催   福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア/福岡城むかし探訪館/
(公財)福岡市緑のまちづくり協会

第4回の作品展示期間には、たくさんの方が日頃見ることができない情景写真に触れて楽しまれたり、また、海外の方など福岡城に何度も足を運ぶことが出来ない方が、四季折々の写真を見て感動されたりしておりました。さらに自由に城内を回わることの出来ない方にも喜ばれました。
一方、グループでご覧になった方々が、自分の好きな写真を選ぶ光景もありました。
自分の撮った写真で多くの人に喜んでもらえるなんて、とても素敵なことですね。
皆様のご応募をお待ちしております。

チラシおよび応募用紙はこちらをご覧ください