ブログ

福岡城

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで勝利に大きく貢献した黒田長政は、
筑前52万石を与えられました。
福岡藩初代藩主となった長政と、その父・黒田如水(官兵衛)によって、
福岡城は慶長6年(1601年)から約7年の歳月をかけて築かれました。
敵が攻め込みにくい複雑な石垣。その長さ(総延長)は3.4kmにもなります。
城郭は天守台、本丸、二の丸、三の丸という4層に分かれ、
10余りの門と、大小47以上の櫓が置かれていました。
城の内郭面積約41万㎡。なんと東京ドーム約9個分です☆
城下の武家屋敷まで含めると246万㎡もの広さを持つ
日本有数の広大なお城でした(*´ω`*)
別名は「舞鶴城」。海側から望むと、鶴が羽ばたく姿に似ていたそうです。
明治4年(1871年)廃藩置県以降、
城跡は県庁に使用され、その後陸軍が駐屯し、
一部を除き、大半の建物が解体や払い下げにより失われました。
しかし、福岡城は近世福岡の発展の契機として大きな役割を果たし、
現在の福岡の都市整備の礎であることは変わりありません。
福岡城址の散策や見所の確認の際には
ぜひ三の丸スクエアへお越しください(^^)

【福岡城の概要】
■別 名:舞鶴城
■城郭構造:梯郭式平山城
■築城主:黒田長政
■築年数:1601年
■廃城年:1871年
■現存遺構:櫓4・門3・石垣・堀
IMG_0385

IMG_0388

IMG_0418


大濠公園

池・公園といえば・・・?
すぐに大濠公園が浮かんだあなた、れっきとした福岡市民です(^^)b
浮かばなかった方はぜひ、一度足を運んでみて下さい。
大濠公園は遥かむかし、草ヶ江まで広がる入り江、海でした。
福岡藩初代藩主・黒田長政が、江戸時代の初めに現在の舞鶴公園に新城を築城。
西側にある入り江を利用して、お城の大堀としました。
昭和2年に開かれた東亜勧業博覧会を機に、この大堀の造園工事を行ない、
昭和4年、開園。これが大濠公園のはじまりです。
大きな池は、海とお堀の名残なんです(´ω`*)
福岡市のほぼ中央に位置する、日本でも有数の水景公園。
公園内には、池の周辺約2kmの周遊道、野鳥の森、児童遊園、
能楽堂、日本庭園、4つの橋で結ばれた中の島や浮見堂、
ボートハウスやスターバックス等を配し、市民の憩いの場として親しまれています。
当館にあるプロジェクション立体地図では、舞鶴・大濠公園とその周辺の地形が
過去~現在、どのように変化してきたのかを投影していますので、ぜひ一度ご覧下さい。

IMG_0377

IMG_0829


旧母里太兵衛邸長屋門

西公園の光雲神社境内と博多駅に建っている
槍と大杯を持った武士の銅像。見たことがあるでしょうか?
彼の名前は母里太兵衛(ぼり たへえ)。
黒田家の重臣、黒田家家臣精鋭部隊である「黒田二十四騎」の一人です。
太兵衛は戦国大名・福島正則から大杯の酒を飲み干し、
名槍日本号を頂戴しました。
昨年の大河ドラマ「軍師官兵衛」では、速水もこみちさんが演じた名シーン。
そして、民謡「黒田節」でも有名な話ですね(^^)
そんな母里太兵衛のお屋敷に構えられていた長屋門は、
福岡市では数少ない武家屋敷長屋門として
福岡城内(平和台競技場入り口前)に移転保存されています。
かつては旧母里太兵衛邸跡(中央区天神2丁目、
現野村證券(株)福岡支店)にありましたが、
昭和27年に解体され、
昭和40年に現在地に移築されました。
昭和57年、屋根の葺替えなどを行いましたが、
移築から50年が経過し、軸部や土台の腐朽が進んだ為
平成26年10月15日~平成26年4月30日
保存修理工事が行われました。
5月30日には完成イベントがあり、現地説明会と
当館にて母里太兵衛の子孫・母里忠一さんによる講演会が行われ、
たくさんの方にお集まり頂きました✿

IMG_0245

IMG_0219