ブログ

鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩ガイドツアー 4.天守台編

探訪館のブログ「3.本丸」はご覧いただけましたか?
釈迦の間の異見会・腹立てずの会等、
この地で400年前こんなことがあったのかなーなんて、想像が膨らみますね(^^)
さて、ツアーは本丸から、鉄御門(くろがねごもん)へと進みます。
IMG_1090
ここは更に上・天守台に上がるための最後の門にあたります。
IMG_0027
当時は門扉を鉄板で補強し頑丈にしつらえていたのですが、
固く閉じられ、滅多に使用することもなかったそうです。
上の建物が写っている写真も、ツアーの際にお持ちいただくタブレットに現れる画像です。
本物みたいですよね(*´ω`*)
IMG_1097
裏門として用いられたといわれる埋(うずみ)門もありますが、こちらはぜひツアーでご覧ください♪
因みに埋門とは、石垣下部をくりぬいたように造られた門をいいます。
有事の際には上にあった櫓を落としたり、門内を土砂で埋めて、
敵の侵入を防ぐ役割もあったという説もあるそうです。
隣の階段を登っていよいよ天守台へ。
IMG_1099
福岡城には大・中・小の三つの天守台がありますが、
それぞれの天守台への順路は、まるで石塀に囲まれた迷路のよう。
大天守台の高さは標高約36mで、福岡城祉の中で1番高い場所です。
福岡城の築造は1601年、この天守台の石垣工事から始まりました。

前回の探訪館から出題されたクイズ「福岡城跡で一番高い所は?」
みなさんもうおわかりですね。
IMG_1102
答えは、天守台です★

ここでは福岡市の展望もお楽しみいただけます。
もちろんタブレットをかざすと当時の姿を見ることもできますよ♪

大天守台は地下(穴蔵)構造になっており、そこに登ると中心部が凹んでいるのがわかります。
おやおや?何やら石が並んでいますね。。。
IMG_0574
タブレットをかざしてみましょう。
すると、下のような画面が現れました。
天守閣

IMG_1112
石の上に木組みが見えます。

実はこの石、江戸時代から残る礎石です。
そもそも天守台とは、ある建物をのせるための基礎となった石垣のこと。

さあ、ここでクイズです!(`・ω・´)
この礎石の上に建っていたかもしれないと言われる建物は何でしょうか?
未だに謎に包まれる
福岡城のロマンが詰まったあの建物。
その答えは探訪館のブログでご確認ください★

こちらでバーチャル時空散歩ツアーについてのリレー連載、三の丸スクエア分は最後となります。
駆け足でツアーについてご紹介させていただきましたが、
実際に現地で見て話を聞くと、全身で感じるものがあり、老若男女
皆々様が楽しめる内容となっております。
ご予約やお問合せは、福岡城むかし探訪館092-732-4801へ♪

kouyou_cat


第4回 福岡城彩発見フォトコンテスト 作品募集

01

◆応募期間  ~2015年12月28日(月)
◆テーマ   城の風景、四季と歴史に彩られて
◆受 付   福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア
◆表彰式   2016年3月初旬
◆展示期間  2016年3月初旬~3月下旬
◆展示場所  福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア
◆主 催   福岡城むかし探訪館/福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア
(公財)福岡市緑のまちづくり協会

歴史とロマンあふれる福岡城跡を散策しながら、
四季が織りなす美しい風景や歴史的建造物を見て、
福岡城跡を彩(再)発見してみませんか。

写真:第3回フォトコンテスト大賞作品

チラシはこちら

気軽に携帯から応募していただける“彩ぷちフォト”コンテストも作品募集中です。

ぜひ併せてご応募ください。

追記
2015年12月28日 締め切りました。


親子でにんにん!歴史修行だ★福岡城!!のご報告

先日9月19日、福岡城址にて、親子で参加する忍者の歴史修行が行われました。
忍者の証・鉢がね(額当て)を締め、修行の書を受け取り、
忍者見習いに扮した子ども達は、探訪館から福岡城址へと出発!

各ポイントで修行をこなしながらカードを集め、修行の書を完成させていきます。
タブレットに、むかしのお城の姿が現れてくるのを体験したり
忍者の先生(ボランティアガイドさん)のお話を聞いたり
一番盛り上がったのは、本丸でのじゃんけんゲームでしょうか*
お天気にも恵まれて、立派なちびっこ忍者が誕生しました✿
IMG_0989
サプライズで登場した黒田如水・長政には驚きましたね♪
参加したみなさん、本当にお疲れ様でした(^^)
 


鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩ガイドツアー 2.表御門編

バーチャル時空散歩ツアーについてのリレー連載、
探訪館からバトンをもらって第2回目です!

東御門跡は櫓が建っていた過去や石垣の話など、見所満載でしたね♪
その後ツアーは二の丸へ進み、途中の扇坂も江戸時代の香りを感じるポイントです。
IMG_0577
二の丸の梅園ではタブレット越しに隠れる黒田八虎(黒田家の精鋭家臣団)探しを楽しみながら
IMG_0565
二の丸から抜ける石段へ。
今日ご紹介するのはこちらです(^^)
江戸時代、ここには北側から本丸に入るための門「表御門」がありました。
表御門(古写真)
バーチャル時空散歩ガイドツアーに参加すると、
現地にて表御門の様子の現在・過去を見ることができます。
表御門(現在)
IMG_0008

この表御門、大正7年に黒田家の菩提寺である崇福寺に払下げられ、
現在は崇福寺の山門として、県の有形文化財に指定されています。
崇福寺の山門
崇福寺は、1240年に太宰府に創建されたお寺ですが、
黒田長政が1600年代に現在地に移して黒田家の菩提寺としました。
境内の奥に広がる墓所に眠るのは、博多の豪商や政治家など、多くの著名人。
黒田如水・長政親子をはじめ歴代藩主6名もそこに眠っています。
唐門は黒田家が福岡城の前に入った名島城(東区)の遺構を利用した、市内に残る最古の唐門だそうです。
黒田家とのゆかりの深さを感じますね(^^)

崇福寺
〒812-0044 福岡市博多区千代4-7-79
福岡市営地下鉄「千代県庁口駅」より徒歩5分

 

さて、バーチャルツアー東御門跡で出されたクイズ「本丸表御門は今どこにあるの?」
その答えはみなさんわかりましたよね?
正解は、「崇福寺」でした★

バーチャルツアーは毎日10:30出発です。
ツアーに参加した後、崇福寺等の福岡観光に行くと、1日しっかり福岡を満喫できますよ∩^ω^∩

そういえばこの表御門、くぐった先には何があるのでしょうか?
春のお花見時期はみんながレジャーシートを広げるあの場所*
答えは、後日、探訪館のブログにて♪

flag_animals

 


三の丸スクエアの横に大きな駐車場が!!

三の丸スクエア横の旧舞鶴中グラウンドが駐車場に生まれ変わりました☆

IMG_0847

タイムズ福岡城三の丸駐車場
【台数】 一般駐車場/240台
     バス駐車場/15台
【時間】 7:00~21:00
     ※出庫者のみ24:00まで対応
【料金】 普通車/60分毎200円(当日最大300円)
     大型バス/60分毎500円(当日最大1,500円)
     ※最大料金は繰り返し適用

IMG_1033

IMG_0846

ご来館の際はこちらをご利用ください♪


“彩ぷちフォト” 発表★8月分

August1

「福岡城址へカモン」鷲山ふみこ さん
ある朝、カモ達がお城の見学をしていました。可愛かったです。
担当より/カモ達が並んで下之橋を見学中ですね!とってもたのしそうです♪
“彩ぷちフォト”コンテストの初投稿ありがとうございます★

 

August2

「お花見だワン!」疾風まま さん
この春犬もお花見をしました。
担当より/桜とお堀と上之橋とわんちゃん。
表情も決まってますが、お召し物もお城にマッチしていますね(^^)
来月分のぷちフォトのチラシにも使用させていただきます♪

 

August3

August4
「いざ出陣!からの、やったぜ!優勝!」前田誠治 さん
ソフトボール中央区大会で、17年ぶりの草香江校区の優勝をはたしました!
子供達の満面の笑顔と青空が印象的です!
担当より/二の丸の野球場。鴻臚館、福岡城と歴史の重なるこの地に、草香江校区の優勝
という新たな歴史を刻まれたんですね(^^)優勝おめでとうございます★

 

August5
「福岡城は季節毎にいろんな花が咲いて素敵です」くーみん さん
担当より/福岡城址裏手の6号濠でしょうか?睡蓮の黄色とピンクと、菖蒲の紫、
色とりどりの自然を楽しめる舞鶴公園を1枚で表してくださってますね✿

 

8月のご応募ありがとうございました。
9月もたくさんご応募ください。
お写真を添付してsannomaru@fukuokajyo.com まで。
お待ちしています♪